輝く高品質な 一般用厚口タイプ 耳あり・ほぐしあり】100cm×21m 10kg 【FRP用ガラスマット#450-補修材

送料無料 選べる4カラー サイドデスク ワークデスク専用 L字型 約W45×D70×H73.5 L字デスク L型 L字用 連結天板 連結 オフィスデスク パソコンデスク PCデスク 約W450×D700×H735 オフィス家具 木製 コーナーデスク 会社 事務所 机 事務机 f44570

【取り寄せ・同梱注文不可】 コベス 紳士楽らくパジャマ柄 グレー No.805【thxgd_18】【お歳暮】【クリスマス】

輝く高品質な 一般用厚口タイプ 耳あり・ほぐしあり】100cm×21m 10kg 【FRP用ガラスマット#450-補修材



【FRP積層方法】

■必要なもの■
◎FRP樹脂
◎硬化剤
◎ガラスマット

全ての工程を想定して、最初は樹脂を少なめに作って下さい。


1.あらかじめガラスマットなどの補強材を割りづけておきます。

通常はガラス繊維を割づけ、その上に樹脂を置いていきます。
立ち面、壁面などにガラスマットなどを割りづける場合、自重で落ちてくる可能性があります。
また樹脂を塗るので、より重くなり、落ちてくる可能性があります。
そのため、あらかじめわりづけの際に、テープなどでしっかりと固定して落ちないようにするといいです。


2.FRP樹脂に硬化剤を添加してよくカクハンします。

樹脂を容器にとり、硬化剤を添加しよく混ぜます。
硬化剤を添加後から硬化が始まります。
※混ぜ不足は硬化不良になる場合があります。

硬化剤添加目安(樹脂重量に対し)

真夏

0.5~1%

真冬

3~5%

春秋

1~3%

※硬化剤添加量の多過ぎはクラック(ひび割れ)・大幅な収縮(反り)・硬化不良の原因です。


3.FRP樹脂をガラスマットにローラー/刷毛で置いていきます。

樹脂をガラスマットに置いていくと自然に浸透していきます。


4.自然に浸透していきますので、浸透したら泡を抜いて行きます。

浸透する目安は合板下地などではアメ色になってきます。
ある程度浸透したら中に入っている気泡を抜いて行きます。
泡抜きは専用のアルミローラー(脱泡ローラー)で行うとキレイに出来ます。


5.工作後処理

使い終わったアルミローラーなどはアセトンに浸け置きして下さい。








防水資材
FRPの必需品はもれなく購入されましたか?
 ローラー
 容器
 研磨ペーパーセット
 缶切り・汚れ落とし道具

他のFRP材料
 樹脂
 溶剤
 補強材
 硬化剤
 カラーコート


その他 (まとめ)動物村 ラビットフード ソフト 2.5kg (ペット用品)【×4セット】 ds-2267170
輝く高品質な 一般用厚口タイプ 耳あり・ほぐしあり】100cm×21m 10kg 【FRP用ガラスマット#450-補修材
その他 SONY MESH 人感タグ ds-2270179
© http://tpi.ac.ru. All Rights Reserved